最近耳にするノンフロン冷蔵庫って?引越しのお悩み解決!

現在夫と私で都内のアパートにて二人暮らしをしております。そして2週間後に同じ市内にある4階建て公共マンションの3階に引越しをすることが決まりました。ずっと使っていた冷蔵庫は使用しだしてからちょうど6年目を迎え、もうすぐ使用期限の7年に到達するということもあり新しい冷蔵庫を近くにある電気屋さんにて購入することを検討しております。そこで新しい冷蔵庫はノンフロンタイプの冷蔵庫に買い替えようと思っているのですが、実際ノンフロンタイプは従来の冷蔵庫に比べてどういった点が優れているのでしょうか?別に今まで通りフロンタイプの冷蔵庫でも良いのですが、どうせなら最新型であるノンフロンに使用かと思います。夫はこういったことに関してはあまり関心が無く、冷蔵庫についても詳しい人ではありません。ですので引越し業者に努めていらしたという管理人さんに教えてほしいと思いご質問をさせて頂きました。ノンフロン冷蔵庫の優れている所や、逆にあまり良くない点について詳しく教えて下さい!どうかよろしくお願い致します。

30代前半 女性 2人暮らし


男性説明
ご質問ありがとうございます!
フロンかノンフロンの冷蔵庫はそれなりに変更された点はもちろんあります。需要に合わせて買い替えるのが良いのですが、どういった所が違うのかについて詳しくお話していきましょう!

 

ノンフロン冷蔵庫の特徴について

消費電力を抑えられるため電位代が安くなる

従来のタイプではフロンガスを使ってパワフルな冷却機能を備えておりました。

そのため結構な電力を必要とするため、電気代がそこそこかかります。

ノンフロンタイプの冷蔵庫は地球環境改善のために省エネを掲げております。

そのため使用電力を抑える「ヒートポンプ方式」という新しい技術を搭載しているのが今までとの違いになります。

今までは冷蔵庫内に直接冷却ガスを入れることで庫内を冷やしていましたが、ノンフロン冷蔵庫では熱を外に逃がすことに重点を置いております。

外から入ってくる余分な熱を無駄なく取り除くことにより、無駄な電力を使用して冷却する必要がなくなりました。

これらにより従来の約半分以下の使用電力にて冷蔵庫の運転が可能になりました。

実際に使用してみると分かりますが、以前にくらべ電気代が安くなったと感じます。

環境に優しい、可燃性がなくなった

CO2排出量を従来のフロンタイプに比べて3分の1にまで抑えることが可能になりました。

地球環境を危惧するこの時代に合わせて、なるべく環境に与える影響を抑える技術を詰め込まれているのがノンフロンタイプの冷蔵庫です。

また今までは冷却ガスが冷蔵庫内部から漏れ出し、火災の原因になる事が稀にありました。

しかしノンフロン冷蔵庫はそれらの問題を解消するために、可燃性がある部品を取り除くことに成功。

火事が発生する危険、心配を解消した所にも評価があります。

修理がしやすくなった

ノンフロンになって以前よりも修理にかかる手間が少なくなった所も特徴の一つです。

基本的にユニットの交換で修理が完了いたしますので、修理費に掛かるコストの削減にも成功しました。

コンプレッサーも一つあれば十分になったことにより、こちらの修理も楽になっております。

業者にとっても手間がかからないので、修理に掛かる時間も一緒に削減で来ています。

 

将来普及率が高くなると予想されるノンフロン冷蔵庫

これからの時代、新しい技術を搭載したノンフロンタイプはどんどん数が増えてくるであろうと予想されます。

地球環境の考慮、電気代の節約、修理の手間などなど従来のタイプから改善点が多々見られます。

もし新しく買い替えるのであればノンフロン冷蔵庫を購入することをお勧めいたします。

ただ現時点では、まだフロンタイプの方がパワフルであるという声もあります。

業務用の冷蔵庫などはまだフロンタイプの需要が高そうです。

しかしご家庭で使用する分に関しては問題ないので、ノンフロン冷蔵庫を購入してみてはいかがでしょうか?

reisakaigazou 350x160
【↑冷蔵庫1個だけの引越し・室内移動も当然OK↑