引越し時の冷蔵庫運搬で絶対に忘れてはいけない注意点

a0002_010901

今日は元引越屋が冷蔵庫の引越しの時に、絶対に忘れてはいけない注意点を紹介しますね。

注意点その①

冷蔵庫は見た目によらず重いものです。
引越し時には、傷付きを防止するために床にシートを敷いたり壁にシートを貼ったりすることがありますが、それでも運ぶ際にはぶつけたり、落として壁や床に傷をつけないよう細心の注意を払うことが必要です。

また、横にしたまま移動すると車等の振動によりオイルが冷却システムに流れ込み、故障の原因にもなります。

運搬時に一時的に斜めになることは仕方ありませんが、できるだけ横にしないように運ぶことが大切です。

注意点その②

さらに、運搬の際の注意点として、扉を固定することも重要です。
(これ結構わすらがちです)
運搬時の振動によって冷蔵庫の扉が開くことがあります。その際に扉を固定していないと、突然冷蔵庫の扉が開き、バランスを崩して床や冷蔵庫そのものに傷をつけてしまうことがあります。
万が一、付近に人がいた場合には、扉が当たり怪我をさせてしまうこともあります。したがって傷の予防だけでなく事故の予防のためにもテープ等で扉が開かないようしっかり固定しておきましょう。

より詳しく冷蔵庫を引越しする時の流れや半値以上になった実例はこちらです。

冷蔵庫の引越し料金が激安【実際の見積書】と壊れない10個の注意点

112015-04-17_105434

reisakaigazou 350x160
【↑冷蔵庫1個だけの引越し・室内移動も当然OK↑