引越しをスムーズに行うための手順!冷蔵庫の引越し

引越しをする時の冷蔵庫についてご質問です。車で約2時間、隣の県まで引越しを行うことになりました。持って行く家具は冷蔵庫と洗濯機、テレビです。1人暮らしのためあまり多くの家具は持っていませんが、必要最低限の家電製品も一緒に引越しをするつもりで無駄なくスムーズに進めていきたいと考えております。そこで冷蔵庫の引越しをする際に浮かんだご質問なのですが、どういった手順で進めていけば引越しに支障をきたすこなく行えることができますか?引越しをするのは今回が初めてなので、分からない事ばかりです。冷蔵庫は非常に精密な機械であることはある程度調べて分かったのですが、具体的にどんな手順で進めていけば良いのか、、、引越しをなるべくスムーズに行うためのアドバイスをお願いします!

20代前半 単身 男性


男性説明
引越しで大きな障害となるのはいつも冷蔵庫です。
すぐ故障したり、準備不足で引越しが進まなかったり。
知っておきたい手順についてお話ししていきましょう!

 

冷蔵庫の引越しをする際の詳しい手順

引越し1~2週間前

まず引越しの時に冷蔵庫は空っぽにしておく必要があります。

なので引越し当日にまだ食品が余っているというのはNG行為。

計画を立てて冷蔵庫の食品を全て使い切れるように献立を考えましょう!

特に厄介になってくるのが冷凍食品で、余ってしまった冷凍食品を運ぶのは手間がかかります。

またお肉やお魚といった生ものも余らせてしまうと後々支障をきたします。

なるべく早い段階から食品の処理を計画しておきましょう。

引越し2~3日前

もうこの段階では冷蔵庫の食品を全て使い切っておくように心がけて下さい。

冷蔵庫は引越しを行う前にやらなければならない作業があるため、2~3日前にも関わらずまだ冷蔵庫に物が残っているのはダメです。

一時的に食品をクーラーボックスに移し替えて保管する方法もありますが、痛む可能性があるためお勧めしません。

なるべく使い切る努力をしましょう!

また使い切れた場合はコンビニやスーパーに売っているお惣菜やお弁当を食べて、料理が必要な食品を買わないことがコツです。

引越し前日

水抜き、霜取りをしましょう。

冷蔵庫を運ぶ際に水漏れをしてしまうと、故障の原因になります。

また漏れ出した水が一緒に運んでいる他の家具を水びたしにしてしまう原因にも、、、

詳しい方法については別の記事にてご紹介しておりますのでそちらをご参照ください!

引越し後

まずは運び入れた冷蔵庫をしばらく安静にしておきましょう。

目安としては1日程度おいてあげると安心です。

なぜかというと冷蔵庫の内部にある冷却ガスや液体、薬品が引越しの際に受ける振動や衝撃で正しい位置から動いてしまっているためです。

もし正常な位置から移動している状態で冷蔵庫を使用してしまうと不具合が発生します。

具体的には冷蔵庫が冷えない、なんだか変な音がするなどなど。

また最悪の場合は冷蔵庫が故障してしまいます、、、

そうなることを防ぐためにも冷蔵庫を運び入れたら1日程度安静にしてあげましょう!

食品を入れるタイミング

「よし!冷蔵庫の電源を入れたから買ってきた食品を入れよう!」と、電源を入れてすぐ冷蔵庫を使用する方がいらっしゃいますがこちらはNG行為です。

冷蔵庫の電源を入れて冷えるまでにタイムロスがあります。

たとえ電源を入れたからと言ってすぐ冷蔵庫が冷えてくれるほど、都合よく設計はされていません(笑)

スイッチを入れて5時間程度おいてから食品を入れてあげましょう!

 

引越しをスムーズに行うためのコツ!

先に冷蔵庫を運び入れてもらう

もしも冷蔵庫をすぐに使用したいというのなら、引越し業者さんに直接お願いをして冷蔵庫だけ先に運び入れてもらいましょう!

なるべく早く設置することで引越し後冷蔵庫が使えない時間を短くすることができます。

余った食品について

基本的には全て捨ててしまうのが理想的ですが、どうしても余ってしまい捨てたくない食品が出てきた場合についてです。

冷凍食品を自分で管理することは難しいため、郵便で運んでしまいましょう!

引越し先に冷凍専用の郵便を送り、引越し後に受け取れるよう時間を調整してお願いします。

また普通の食品の場合はクーラーボックスにすき間なく詰め、最後に上から氷を入れてあげます。

これで代理の冷蔵庫が完成しますので、ちょくちょく中を確認しながら氷が解けたら新しく足すなど、しっかりチェックしてあげましょう!

reisakaigazou 350x160
【↑冷蔵庫1個だけの引越し・室内移動も当然OK↑