*

冷蔵庫の引越しマスター10ステップ!

引越しの際にいらない冷蔵庫を処分する方法は?売ることもできる?

投稿日:

突然ですが、「引越しの際にいらない冷蔵庫を処分する方法は?売ることもできる?」と困っていませんか?

  • 冷蔵庫の処分方法は?
  • 冷蔵庫を処分する際の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

*冷蔵庫の引越し料金を安くする方法を知りたい方はこちらをどうぞ!

⇒冷蔵庫引越し料金を【59%OFFにする「マル秘」テクニック♪】

冷蔵庫の処分方法は?

引越し時にいらなくなった冷蔵庫を処分する方法はいくつかあります。お金を払って楽に処分する方法もあれば、多少面倒でも冷蔵庫を売る方法もあります。自分のニーズに合った方法を選びましょう。

【お金を支払って楽に処分する方法】

  • 家電リサイクル券を購入して処分する
  • 引越しの際に引越し業者に引取りを依頼する
  • 不用品買取業者に買い取ってもらう
  • 新しい冷蔵庫の購入時に電気量販店に処分を依頼する

【多少の手間がかかるが無料で処分できる方法】

  • 新聞などの「譲ります」コーナーに掲載して無料で譲る
  • 自治体のホームページに掲載し無料で引き取ってくれる人を探す

【かなり手間がかかるが冷蔵庫を売って処分する方法】

  • オークションに冷蔵庫を掲載して売る
  • リサイクルショップに買取をしてもらう

お金を支払って楽に処分する方法

家電リサイクル券を購入して処分する

冷蔵庫は家電リサイクルの対象品です。このため、処分の際には家電リサイクル費用を支払う必要があります。家電リサイクル品として冷蔵庫を処分する手順は以下の通りです。

  1. 最寄りの郵便局窓口で家電リサイクル費用支払い用紙に記入して費用を支払う
  2. 費用支払いと同時に家電リサイクル券を受け取る
  3. 家電リサイクルセンターのホームページで最寄りの指定引取り場所を確認する
  4. 指定引取場所に冷蔵庫を持ち込み、担当者の案内に従って引渡しを行う

冷蔵庫の家電リサイクル費用はメーカーによって異なりますが、多くのメーカーが以下の費用でリサイクルを受けています。

  • 冷蔵庫小(170L以下):3,672円(税込)
  • 冷蔵庫大(171L以上):4,644円(税込)

引越しの際に引越し業者に引取りを依頼する

引越し業者の中には有料で不要な家電を引き取るサービスを行うところがあります。引越し作業の合間に冷蔵庫を引き取ってもらえればとても楽ですので、見積りを取る際に引取り可能か確認してみましょう。引取り費用の相場は3000円~5000円前後です。

冷蔵庫を自分で処分するとなると、運び出すのに一苦労します。しかし、引越し業者に引き取ってもらえれば、大変な搬出作業も行ってもらえるので手間が省けます。引越し業者は冷蔵庫を運ぶプロなので、問題なく作業をしてくれる点もメリットです。

不用品買取業者に買い取ってもらう

「ご家庭の不用品を引き取ります」と音声を流しながらトラックで走る不用品引取り業者を目にしたら、いくらで買い取ってもらえるか査定をしてもらうと良いでしょう。比較的新しい冷蔵庫であれば5000円前後になることもあります。古い冷蔵庫でも無料で引き取ってくれたり、1000円ほどの安い料金で引き取ってもらえることがあるので、まずは話を聞いてみると良いでしょう。

また、不用品買取業者のチラシがポストに入っていたら、自分から連絡して冷蔵庫の買取を依頼しても良いでしょう。近隣の業者であれば、出張料なしで査定と買取を行ってくれます。

新しい冷蔵庫の購入時に電気量販店に処分を依頼する

引越しを機に新しい冷蔵庫を購入する場合は、家電量販店で古い冷蔵庫をリサイクル品として引き取ってもらえます。購入した冷蔵庫の配達の際に古い冷蔵庫を持ち帰ってくれるので、とても楽で便利な方法です。

家電量販店に引取りを依頼すると、家電リサイクル費用と収集運搬費用を支払うこととなります。ヤマダ電機では冷蔵庫の収集運搬費用を1080円としていますので、家電リサイクル費用と合わせても5000円以下で冷蔵庫の処分を依頼することが可能です。

多少の手間がかかるが無料で処分できる方法

新聞などの「譲ります」コーナーに掲載して無料で譲る

新聞には「譲ります」コーナーがあり、不要になった大型家具や家電を譲り受けてくれる人を探すことができます。冷蔵庫は家電リサイクル品なので処分するのに必ず家電リサイクル費用がかかりますが、譲り受けてくれる人が見つかれば無料で処分できるのでとても良い方法です。

新聞によっては無料で情報掲載をしてくれることがあるのでいくつかの新聞社をあたってみましょう。但し、この方法は譲り受けてくれる人が見つかるまで多少時間がかかるので、冷蔵庫の処分を急いでいる場合は別の方法を検討してみてください。

冷蔵庫が欲しいという人が見つかったら、譲る冷蔵庫の状態を詳細に説明してください。ここで情報が不十分だと後々のトラブルの原因になるので注意しましょう。譲り受けてもらうことが決まったら、双方で相談して譲り受ける日や運び方を決めればOKです。

自治体のホームページに掲載し無料で引き取ってくれる人を探す

自治体では市民の情報交換の場としてインターネット上に掲示板を設けているところがあります。ここに「冷蔵庫譲ります」と掲載して欲しい人を探すのも良い方法です。この方法も受け渡しまでに多少の日数を要しますので、時間に余裕がない方は他の方法を選んでください。

冷蔵庫が欲しい人が見つかったら、新聞に掲載した時と同じようにベッドの受け渡し方法を相談します。搬出&搬入方法などについて、お互いが協力して気持ちよく譲れるように話し合ってみましょう。

かなり手間がかかるが冷蔵庫を売って処分する方法

オークションに冷蔵庫を掲載して売る

比較的新しくて綺麗な冷蔵庫はオークションなどで売ることが可能です。オークションの最大のメリットは、比較的高い値段で冷蔵庫を売ることが出来る点です。そのためには、些細なことでも落札者に伝える必要があるので、冷蔵庫の状態をよく調べてから出品するようにしましょう。

但し、オークションに纏わるトラブルは多数報告されていますので、利用する際にはきちんとマナーを守り、誠実な取引をしてください。冷蔵庫の状態を偽ったり、機能を誇張したりするのはルール違反です。少しでも高く売ろうとして落札者を欺くと、オークションサイトへの掲載自体が取り消されることもあるので注意が必要です。

また、落札者との連絡や冷蔵庫の発送は全て出品者であるあなたが行う必要があります。オークションは色々な面で手間がかかるので、これまでにもオークションを利用したことがある人に向いています。

リサイクルショップに買取をしてもらう

リサイクルショップでは比較的新しくて綺麗な冷蔵庫を買取してくれます。人気のメーカーやデザインのものは高めに売れる可能性があるので、処分する前に査定をしてもらうと良いでしょう。近くにリサイクルショップがない場合は、出張買取可能なお店を探してみましょう。

自分で冷蔵庫を運ぶことができる場合は、リサイクルショップに持ち込んで査定と買取りを依頼しましょう。出張費は2000円前後しますので、自分で持込めばこの費用を節約することが可能です。

冷蔵庫を処分する際の注意点は?

冷蔵庫を処分する際には以下の点に注意してください。

  • 移動する前に水抜きをする
  • 冷蔵庫を長時間横にしない
  • 冷蔵庫や床の養生を忘れない

移動する前に水抜きをする

冷蔵庫は製氷機の内部や蒸発皿に水が溜まっているので、移動させる前にこの水を抜いておく必要があります。水抜きの方法は冷蔵庫の説明書に記載されていますので、移動の前日には必ず水抜きをしておきましょう。

水抜きを忘れてしまうと、移動の際に水が漏れて床や車の荷台を濡らしてしまいます。他人に譲る場合にも冷蔵庫から水が漏れてしまえばトラブルになりますので、この点に十分注意してください。

冷蔵庫を長時間横にしない

冷蔵庫のモータ周辺には冷却用の液体があり、冷蔵庫を長時間横にしてしまうとその液体が配管に流れ込ん故障することがあります。これを防ぐには、できるだけ冷蔵庫を横にしないのが一番ですが、重い冷蔵庫は運ぶ際にどうしても横にしなければいけないこともあるので「長時間横にしない」ということを意識して運び出すようにしましょう。

特に自分で冷蔵庫を運ぶ場合は、可能な限り冷蔵庫を縦にして運ぶ方法を考えなければなりません。軽トラックをレンタルして冷蔵庫を運ぶことができればベストですが、これが無理な場合は自分で運ぶこと自体を考え直す必要も出てきます。

冷蔵庫や床の養生を忘れない

自分で冷蔵庫を移動させる場合は、冷蔵庫そのものと床や壁を養生してから運び出すようにしてください。養生なしで搬出作業をしてしまうと、床や壁に大きな傷が付く可能性があります。大きめのタオルや毛布を使って冷蔵庫を包み、冷蔵庫の通り道となる場所も毛布などでしっかり養生しておきましょう。

特に賃貸マンションなどに住んでいる方は運び出しの際に慎重な作業が必要となります。大きな傷をつけてしまえば退去の際に補修しなければなりませんので注意してください。

冷蔵庫の処分方法は捨てるだけじゃない!

まだまだ使える冷蔵庫を引越しの時に買い換える方は多いと思います。しかしただ粗大ゴミとして捨ててしまうのはもったいない話です。家電リサイクル品である冷蔵庫は捨てるのに費用がかかりますから、捨てる以外の方法が取れるなら一度検討してみる余地があるのです。どの方法がベストか調べることから始めてみましょう。

*冷蔵庫の引越し料金を安くする方法を知りたい方はこちらをどうぞ!

⇒冷蔵庫引越し料金を【59%OFFにする「マル秘」テクニック♪】

おすすめ記事

元大手引越し屋で8年間働いていた当サイト管理人が冷蔵庫の引越し料金を激安にする2つのコツを伝授! また自分で引越しをする方にも何千件と冷蔵庫を運んだ私のやり方や注意点を紹介します。 そもそも冷蔵庫の引 ...

-冷蔵庫の引越しマスター10ステップ!

Copyright© 冷蔵庫の引越し”達人” , 2017 AllRights Reserved.