引越しで役立つ知識!三菱メーカーの冷蔵庫ってどうなの?

引越しをすることになりましたので、冷蔵庫についてわからない事、知りたいことがございましたのでご質問させて頂きます。私は現在県内にある公共マンションにて一人暮らしをしております男性会社員です。来月に会社の都合で転勤という形で現在住んでいる四国から九州への引越しをすることに決めました。結構な距離の引越しですので、なるべく持って行く荷物は少なくして置いて、必要な物は現地調達という形で済まそうと考えております。今住んでいるマンションは今年でちょうど4年目で、もともと以前住んでいたところから運んできた家具や家電が多いです。なのでだいぶ古くなった家電製品が多く、せっかく引越しをするためこの機会にいろいろ買い替えることにしました。洗濯機は知り合いが要らなくなったというので何とか準備できたのですが、冷蔵庫がまたできていません。一応洗濯機を譲ってもらった知人に聞いたところ、三菱製品の冷蔵庫がお勧めであると聞きました。しかし実際に使用してみないとわからない事もあるため、一度詳しく教えて頂ける方に聞いてみたいと思いこちらにご質問させて頂きました。三菱製品の冷蔵庫はどういった点が優れているのでしょうか?ぜひアドバイスの方、よろしくお願い致します!

30代前半 会社員、男性


男性説明

ご質問していただき、ありがとうございます。
冷蔵庫の大手メーカーの一つである「三菱」はどんな特徴があるのか、私がこれまでに得てきた情報をお伝えいたします。

 

三菱製の冷蔵庫を買うなら冷凍機能に注目!

他のメーカーと比べて、三菱が出す冷蔵庫は製氷機能にかなりの力を入れています。

私の個人的な感覚では、冷蔵庫に搭載してある全機能の内では7割~8割は冷凍機能に費やしている感じがしました(笑)

まず普通の冷蔵庫にある冷凍室は大体-18℃前後に設定されています。

三菱製品では-7℃になっており、一般的な冷蔵庫に比べると結構低めの設定を使用されております。

実はこの-7℃という設定、冷凍した食品を回答せずに包丁で切ることができるベストな温度だそう。

なので買ってきた食材を冷凍し、いざ料理をする時わざわざ解凍する必要がなくなりました。

料理をしない場合でも小分けにしたいのならば、凍った状態で切れるので非常に手間が省けます!

時間の節約にとても役立つ設定ですね♪

また三菱独特冷凍機能を使用しているようで、単純に温度設定をいじっているわけでは無いようです(笑)

どうやらこの技術によって本来ならば冷凍するのには向いていない野菜、とくにジャガイモなんかも美味しさを維持した状態で冷凍できるそうです。

他には、食材の粗熱をわざわざ取ってから冷凍する必要もないそうです。

今までは熱が残っている食材、食品は一度冷ましてから冷蔵庫に入れる必要がありました。

しかし三菱製の冷蔵庫、とくに冷凍は厚い状態でも大丈夫です!

 

断熱構造が他のメーカーに比べて薄い

一般的な冷蔵庫は断熱、つまり冷気を外に逃がさないようにするため、結構分厚い断熱構造をしております。

三菱製の冷蔵庫の場合、断熱構造をなるべく薄くなるように設計されています。

他のメーカーさんに比べても薄くつくられている事が分かります。

なので冷蔵庫を置くスペースはあまり取れないけれど、食品を多く収納できるタイプをお探しの方にもお勧め。

住居の設計上、どうしてもここに冷蔵庫をおきたいのだけれど大きなタイプだと入らない、、、

そんな時には三菱製の冷蔵庫を一度検討してみることをお勧めいたします!

 

扉の閉め忘れ防止機能も

冷蔵庫の扉が半開きになっている場合、かってに閉じてくれる機能が搭載されています。

また長い時間扉が閉じられていないとセンサーが鳴って知らせてくれるので、小さなお子様がいる方でも一安心。

ちなみに音が鳴る機能、他のメーカーにも搭載されているのですが全ての扉についているわけでは無いんですよね。

電気代、制作コストの削減から最も使用する頻度が高いであろう扉にしかついていない場合も多いんです。

三菱、シャープの冷蔵庫にはすべての扉にこちらのセンサー機能がついています。

reisakaigazou 350x160
【↑冷蔵庫1個だけの引越し・室内移動も当然OK↑