*

冷蔵庫の引越しマスター10ステップ!

冷蔵庫の重さはどのくらい?引越しの時に自分で動かせる?

投稿日:

突然ですが、「冷蔵庫の重さはどのくらい?引越しの時に自分で動かせる?」と困っていませんか?

  • 容量別に冷蔵庫の重さが知りたい!
  • 小型冷蔵庫を動かす方法は?
  • 中型冷蔵庫を動かす方法は?
  • 大型冷蔵庫を動かす方法は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

*冷蔵庫の引越し料金を安くする方法を知りたい方はこちらをどうぞ!

⇒冷蔵庫引越し料金を【59%OFFにする「マル秘」テクニック♪】

容量別に冷蔵庫の重さが知りたい!

冷蔵庫の重さは以下の通りです。容量によってかなり重さが異なりますので、運ぶ前に自分の冷蔵庫の重さを把握しておきましょう。

  • (小型)200L以下:30~40kg
  • (中型)201L~300L:40~50kg
  • (中型)301L~400L:60~70kg
  • (大型)401~500L:80~95kg
  • (大型)500L以上:100~120kg

小型冷蔵庫を動かす方法は?

小型冷蔵庫は重くても40kg程なので、2人で作業すれば比較的簡単に動かすことが可能です。以下の方法から作業しやすい方を選んで動かしてみましょう。

  • 2人で冷蔵庫を持ち上げて動かす
  • 台車に乗せて動かす

2人で冷蔵庫を持ち上げて動かす

小型冷蔵庫で40kg以下のものは2人で持ち上げることが可能です。高さも150cm以下なので持ち上げてしまえば簡単に通路を移動させることができます。

大抵の冷蔵庫の上部(裏側)には手で持ちやすいように取手が付いています。まず一人が冷蔵庫の裏に回って取手を持って冷蔵庫を傾け、もう1人が冷蔵庫下部の脚をしっかり持ちます。二人がしっかり冷蔵庫を持ったら、声をかけながら持ち上げてみましょう。

40kg以下の冷蔵庫を2人で持ち上げればそれほど重さを感じません。女性2人でも作業可能ですのでぜひ試してみましょう。

台車に乗せて動かす

小型冷蔵庫は台車に載せるのも簡単です。まず、冷蔵庫を傾けてその隙間に台車を差し込みます。そしててこの原理で冷蔵庫を台車に載せればOKです。

冷蔵庫を台車に乗せたらロープや布紐で台車に固定します。廊下や通路に台車を使っても問題ない場合は新聞やタオルを敷いてから台車で冷蔵庫を移動するととても楽です。

特に廊下や通路が長くて移動距離がある場合は台車が有効です。冷蔵庫を持ち上げて長い通路を移動するのはとても大変ですから、台車で移動させたほうが簡単で労力も少なくて済みます。

中型冷蔵庫を動かす方法は?

201L~400Lの中型冷蔵庫は重さが50kgを超えます。比較的小さめのものは小型冷蔵庫と同様に持ち上げて運ぶことが可能です。この場合は男性2人で作業するようにしてください。

中型冷蔵庫でも大きめのものは70kg近くあるので持ち上げるのは厳しくなります。この場合は以下の方法から自分がやりやすい方法を選んで運んでみましょう。

  • 便利グッズを使う
  • 背負って運ぶ
  • 台車に乗せて動かす

便利グッズを使う

重い冷蔵庫を簡単に移動させるには便利グッズがとても便利です。中型冷蔵庫にぴったりの商品をご紹介しますので、ぜひ利用してみましょう。

楽むび

「楽むび」はてこの原理で大きな家具や家電を簡単に持ち上げることができる便利グッズです。中型冷蔵庫になると人間の力では簡単に持ち上がらないので、便利グッズを上手に活用しましょう。

楽むびを使うと簡単に冷蔵庫が持ち上がり、冷蔵庫に下にスライドシートを挟み込むことができます。こうすると簡単に冷蔵庫が床を滑るように動き、床にも傷がつかないのでとても便利です。

また、冷蔵庫の引越し後も冷蔵庫を移動して床や裏側を掃除したり、その他の大型家具の移動にも利用できます。部屋の衣替えにもとても便利なグッズです。ご家庭に1つあると重宝するのでおすすめです。

価格:1980円(税込・楽天市場)
楽むび(楽天市場)

背負って運ぶ

中型冷蔵庫であれば、背負って運ぶことも可能です。冷蔵庫を毛布などで包み、その上からリュックの肩紐のように布紐をかければ背負うことができます。男性であれば1人でも背負えますが、1人が背負ってもう一人が後ろから支えればさらに運びやすくなります。

この方法は移動経路が長い場合や、階段などに有効です。便利グッズや台車で運ぶと床が傷つきそうな場合も、背負って運ぶことで傷を防げます。

台車に乗せて動かす

中型冷蔵庫も台車に載せて移動が可能です。但し、中型冷蔵庫の大きさと重量に合った台車を用意する必要がありますので、この点に注意してください。

小さな台車に無理やり載せてしまうと、冷蔵庫を倒してしまったり台車が故障する可能性があります。比較的大きめの台車が用意できる場合のみ台車を使うようにしてください。

大型冷蔵庫を動かす方法は?

大型冷蔵庫は100kgを超えるものが多いので、本来であれば自分で運ぶより業者に依頼したほうが安全です。しかし、どうしても自分で運びたい場合もあると思いますので、その際には大型冷蔵庫を安全に運ぶための便利グッズを利用しましょう。以下にご紹介する2点の便利グッズを使い分けてみてください。

楽ちんパワフルキャリー

楽ちんパワフルキャリーはてこの原理で冷蔵庫を持ち上げ、冷蔵庫の下部に4つの台車をセットして運ぶ便利グッズです。こちらの商品は耐重量が300kgまでなので、大型冷蔵庫でも楽々移動できます。

キッチンから玄関まで距離がある場合は楽ちんパワフルキャリーを使って移動させてみましょう。大型冷蔵庫を台車に載せるのはかなり無理があり危険ですので、このような便利グッズを活用したほうが安心です。また、1つ持っておけば部屋の衣替えや大掃除の際にも活用できるのもメリットです。

価格:1980円(税込・楽天)
家具・家電のキャリー(楽天市場)

キャリーベルト

大型冷蔵庫は男性2人でも持ち上げて運ぶのは危険です。この場合は「キャリーベルト」と言う便利グッズを利用すると良いでしょう。通販などでは数種類のキャリーベルトが発売されていますが、どの商品も原理や使い方は同じです。

まずキャリーベルトを冷蔵庫の下にクロスさせて通し、2人で左右からベルトを使って冷蔵庫を持ち上げます。その状態のまま冷蔵庫をゆっくり移動させることができるので、長い通路や階段の移動に便利です。このベルトを使うと1人に対して冷蔵庫の重さが均等に半分になるので、重い冷蔵庫でも負担なく持ち上げることができます。

冷蔵庫の移動によって床を傷つけたくない時にもこのベルトを使ってみましょう。ベルトで冷蔵庫をしっかり固定できるので、階段の移動にも便利です。大型冷蔵庫の移動には危険が伴うので、安全を確保するためにもぜひ使ってみましょう。

価格・1000円~2000円前後(アマゾン、楽天で取扱有り)
(参考)家具キャリーベルト

冷蔵庫を動かすのはとても大変な作業

冷蔵庫は大きさによって動かす方法がかなり異なります。大きくなればなるほど慎重な作業と安全面の確保が重要になるので、必要なものをしっかり準備してから作業するようにしましょう。

冷蔵庫を無理やり移動すれば、家を傷つけるだけでなく大怪我をする恐れもあります。そんなことにならないためにはどうすべきかをしっかり理解し、万一の際には自分で責任を取る覚悟を持っておくことが大事です。

*冷蔵庫の引越し料金を安くする方法を知りたい方はこちらをどうぞ!

⇒冷蔵庫引越し料金を【59%OFFにする「マル秘」テクニック♪】

おすすめ記事

元大手引越し屋で8年間働いていた当サイト管理人が冷蔵庫の引越し料金を激安にする2つのコツを伝授! また自分で引越しをする方にも何千件と冷蔵庫を運んだ私のやり方や注意点を紹介します。 そもそも冷蔵庫の引 ...

-冷蔵庫の引越しマスター10ステップ!

Copyright© 冷蔵庫の引越し”達人” , 2017 AllRights Reserved.